黄葉の岳沢へ sanpo


1日目の登山はお山の中腹

標高2170m

真上には穂高連峰、眼下には上高地が見渡せる岳沢

そこにある山小屋、岳沢小屋を目指します。

コースタイムは2時間半とのことでしたが・・・



キツかった~(>_<)


決して難しい登りではないのですが

ひたすら続く登り。


この”ひたすら”がけっこうきついのです。




半分ぐらい来たところで

ようやく眺望の良い場所に着きました。





b0358575_01250366.jpg




朝見えた青空はなくなり

お山のてっぺんは見えません。






b0358575_01315234.jpg





向こう側に見渡せるはずの山々は真っ白な中。

それでも黄色く染まった山の景色は素晴らしく






b0358575_01251771.jpg





時折降る雨にも負けずに上を目指します。



激しい息切れになりながら

体力なくなってることをひしひしと感じながら登ります。




そして

目的地の岳沢小屋到着。


3時間15分かかりました。





b0358575_01405835.jpg




b0358575_01253203.jpg




お天気は回復しませんでしたが

素晴らしい秋の山景色です。





b0358575_01454546.jpg




b0358575_02292097.jpg





岳沢小屋でランチを食べたら

即、下山です。



あとは下るだけ~

がそれもシンドイのです。





が、なんとか青空が見えてきて気分上々。





b0358575_01530795.jpg




b0358575_01532750.jpg




b0358575_01524097.jpg



眼下にはスタート地点の梓川が

くっきりと見渡せました。





b0358575_01564929.jpg




小さな植物に励まされながら

2時間かけて下山。


そのあと1時間さらに歩き

この日のお泊り、明神館にPM4:30到着。



旅館と山小屋の間のようなお宿で

山小屋の雰囲気ながら

個室でゆっくりでき

温泉ではないけど、とっても柔らかいお湯のお風呂にも入れます。




宿の人の話では

翌日からはいいお天気になるとのこと。


期待を胸にぐっすりと眠りにつきました。








[PR]
by nazucollon | 2018-10-15 02:32 | 中部 | Comments(0)

カメラ片手に    ぶらりと過ごす休暇


by nazucollon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30