涸沢に泊まる人々にとって

楽しみのひとつが朝の日が昇る時間。




b0358575_01392111.jpg



たくさんの人が見ている山々は

日が昇る方向とは反対側。




AM5:50その時間が始まります。




b0358575_01453713.jpg




モルゲンロートと呼ばれる

山に朝日が当たって赤く染まる現象です。



上の方から徐々に。




b0358575_01523834.jpg




b0358575_01504696.jpg




b0358575_01542069.jpg




b0358575_01544837.jpg





光と影が刻々と変化する大パノラショーでした。



これが終わると皆さん次の目的地に向かいます。

連休最終日とあり、やはり下る方が多く

細い山道を列になって下ります。


登ってくる方とすれ違う時間になると

山道は登山者の渋滞となりますが

足の遅い私にはちょうどいいペースでした。



そして最後は穂高連峰に別れを告げ




b0358575_02241911.jpg




b0358575_02244134.jpg




晴天の中、河童橋へと向かいます。






b0358575_02263083.jpg




この日は3日間の中で一番お天気が良く

秋の色に染まる上高地はすべてが美しくて




b0358575_02301767.jpg



そういえば、山小屋で眠れなかったことも

疲れがたまってきてるであろうことも忘れて





b0358575_02294815.jpg





ただただ心地よく歩き続けました。




12:15河童橋到着

橋の上から見た光景は




b0358575_02424505.jpg




一瞬、あれ、頑張って登らなくても良かったのではないか?

と思っちゃうほど美しく



周りからは

”ウソみたいな景色!!”

との絶賛の声も聞こえました。





b0358575_02563396.jpg



反対側の焼岳も綺麗です。




バスの時間まで少し休憩。




b0358575_02571929.jpg



疲れた身体に甘いアップルパイが優しい♡




そんなこんなの上高地、涸沢の紅葉でした。



この後はちょっと松本に寄り道します。





[PR]
by nazucollon | 2018-10-21 12:13 | 中部 | Comments(0)

紅葉の涸沢カール


涸沢カール

標高2300m、穂高連峰に囲まれた氷河の浸食作用によってできた谷です。


ここまでは登山初心者でもOk

私も登山をはじめて一番初めに登ったところです。

今回で2度目になりますが(前回は夏山)

やはりしんどかった~

むしろ以前の方が体力があったからか

余裕があった気がする・・・




ではでは、涸沢の紅葉を~




b0358575_21495571.jpg




少し見頃過ぎのような感じもありますが





b0358575_21500264.jpg




まだまだ綺麗。

赤やオレンジに染まる葉も残っていました。




b0358575_22005588.jpg



ナナカマドが葉も実も真っ赤。





b0358575_22003131.jpg








カラフルなテントも涸沢カールの名物




b0358575_21501910.jpg




この反対側は~




b0358575_05580782.jpg




穂高連峰が迫ってます。

いつかこの先にも行けるようになるのかしら??




テント泊も一度やってみたいけど

重そうなテント一式の荷物を持って登ると考えと

なかなか挑戦できそうにない。




b0358575_21510098.jpg




涸沢小屋も秋の色に囲まれています。






b0358575_21565651.jpg



コラコラ、ゴロ~ンって・・・( 一一)



空にはヘリコプターが。


物資を運んでいるのか

遭難者がいないか探しているのか。





そのうち明るい空は薄暗くなり




b0358575_05105985.jpg




涸沢の夜が始まります。



写真には写せなかったけど

辺りが暗くなりテントの明かりが灯ると

テントひとつひとつがカラフルにキラキラ光ってとても綺麗なんです。



そして空には降ってくるような星。



あ~、こんな素敵な日に来れて良かったと

幸せ感を満タンにして戻るのは


今夜の寝床、涸沢ヒュッテ。



覚悟はしてたんだけどね~


チェックインの時に受付の方に言われたのは

”ひとつのお布団を2人で使っていただきます”


事前の情報では3~4人でってこともあるようだから

あ~よかったって思った。


早い時間にチェックインできたことから

一番端っこの壁側の場所もゲットできた。



しかしひとつの布団が普通のシングルの2/3ほどで

それをぎっしりと敷き詰めての雑魚寝。


2人で寝ても身動き出来ないほど。

これに3人以上で寝るなんて想像すらできない。



人口密度が極めて高い状態で

室内は乾燥していて

となると、

当然いびきの大合唱。


分かってはいたけれど・・・

こんな状態では寝付けない。

何度ヒツジの数、数えたことか。



翌朝、横でスヤスヤ寝ていた旦那に

”一睡も出来なかったよ”

と伝えると

”いや、ちゃんといびきの合唱に参加してたよ!!”

だって。


えっ、ウソ(゚Д゚;)ソンナハズハナイ








[PR]
by nazucollon | 2018-10-18 18:59 | 中部 | Comments(2)

涸沢へ


いよいよ紅葉の涸沢カールを目指します。

AM6:00出発です。


出発前まではシトシト雨が降っていましたが

ちょうど止んでくれて




b0358575_04004222.jpg




青空も見え始めました。


朝の登山者さんたちはペースが速い。

皆さん、スタスタと前に進んでゆきます。


はい、すでにまったくついていけません。

まぁ、時間はたっぷりあるのでマイペースで。





b0358575_04041812.jpg



横尾到着。

あ~、いいお天気♪


ここからが登り。

さぁ、頑張りましょ。




b0358575_04101959.jpg




秋色に染まる山道を歩いていけば





b0358575_04114083.jpg




木々の間からお山がぽっこり顔を出します。






b0358575_04232197.jpg




これは屏風岩。

岩なんですね。

クライミングのメッカらしいです。

こんな岩壁に登るだなんて…オソロシヤ~


そんな屏風岩を通りすぎ

どんどん進んでゆくと





b0358575_04522382.jpg




b0358575_04530993.jpg




美しい秋の山景色


心は弾みますが

息は切れきれ。



何度も立ち止まって

景色を眺めて

水分補給に、チョコレート補給もして。




b0358575_04591357.jpg



下山していく人に励まされながら






b0358575_05060324.jpg





前を向いて一歩づつ。


目指す涸沢はもうすぐそこ。

(涸沢も山の頂上ではなく中腹にあります)





b0358575_05183700.jpg





ここを曲がれば待っていたのは~





b0358575_05045533.jpg




美しい景色~

の前に

まずは腹ごしらえです。



おでんにカレー。コーヒーも♡

美味しくないわけがない。



12時到着。



涸沢の散策はこのあとで。







[PR]
by nazucollon | 2018-10-17 06:01 | 中部 | Comments(0)

黄葉の岳沢へ


1日目の登山はお山の中腹

標高2170m

真上には穂高連峰、眼下には上高地が見渡せる岳沢

そこにある山小屋、岳沢小屋を目指します。

コースタイムは2時間半とのことでしたが・・・



キツかった~(>_<)


決して難しい登りではないのですが

ひたすら続く登り。


この”ひたすら”がけっこうきついのです。




半分ぐらい来たところで

ようやく眺望の良い場所に着きました。





b0358575_01250366.jpg




朝見えた青空はなくなり

お山のてっぺんは見えません。






b0358575_01315234.jpg





向こう側に見渡せるはずの山々は真っ白な中。

それでも黄色く染まった山の景色は素晴らしく






b0358575_01251771.jpg





時折降る雨にも負けずに上を目指します。



激しい息切れになりながら

体力なくなってることをひしひしと感じながら登ります。




そして

目的地の岳沢小屋到着。


3時間15分かかりました。





b0358575_01405835.jpg




b0358575_01253203.jpg




お天気は回復しませんでしたが

素晴らしい秋の山景色です。





b0358575_01454546.jpg




b0358575_02292097.jpg





岳沢小屋でランチを食べたら

即、下山です。



あとは下るだけ~

がそれもシンドイのです。





が、なんとか青空が見えてきて気分上々。





b0358575_01530795.jpg




b0358575_01532750.jpg




b0358575_01524097.jpg



眼下にはスタート地点の梓川が

くっきりと見渡せました。





b0358575_01564929.jpg




小さな植物に励まされながら

2時間かけて下山。


そのあと1時間さらに歩き

この日のお泊り、明神館にPM4:30到着。



旅館と山小屋の間のようなお宿で

山小屋の雰囲気ながら

個室でゆっくりでき

温泉ではないけど、とっても柔らかいお湯のお風呂にも入れます。




宿の人の話では

翌日からはいいお天気になるとのこと。


期待を胸にぐっすりと眠りにつきました。








[PR]
by nazucollon | 2018-10-15 02:32 | 中部 | Comments(0)

AM5:40ごろ



b0358575_19340071.jpg




夜明けの上高地、大正池





b0358575_19371896.jpg





朝もやが流れて






b0358575_19402270.jpg





次々と変わる光景に

心奪われるのでした。






静かなで神秘的な大正池でしたが






b0358575_19415459.jpg






実はもうたくさんの人が集まっていました。

皆さん、素敵な写真を撮っているんだろうな~






b0358575_19462374.jpg



明るくなってきました。






b0358575_19464750.jpg





いつまで黄昏ているの~?

置いてくよ~!!






b0358575_19565216.jpg






10/6~10/8の3連休を利用して上高地へ。

メインはずっと見たかった涸沢カールの紅葉。

台風が心配でしたがお天気も比較的安定していた3日間でした。


むしろ台風の影響のおかげで?

大阪→上高地への直通のバスにキャンセルが出て前日に予約でき、

この早朝の大正池を眺めることができました。




では、河童橋に向けて朝のお散歩です。




b0358575_19581436.jpg



紅葉が始まっている上高地は





b0358575_20002784.jpg





とても清々しく美しく





b0358575_19582369.jpg






透明度の高い梓川は

なんとも言えない色。





b0358575_20171716.jpg




綺麗なお水ですさんだ心も洗ったら??





b0358575_20024369.jpg





河童橋到着。



手軽なお散歩はここまで。

さぁ、お山に向かいますよ!!







b0358575_20063083.jpg




といっても頂上は私には難度が高すぎるので

あのお山の中腹までね。


岳沢を目指します。






b0358575_20170789.png



はい。




上高地の紅葉

しばらく続きます。







[PR]
by nazucollon | 2018-10-13 20:36 | 中部 | Comments(4)

春のもみじ


b0358575_19360303.jpg




なずながほんのり秋色なのは

こんな景色を見ているから。






b0358575_19372830.jpg



春もみじ



秋の真っ赤に染まるもみじよりは

少し落ち着いた大人色。





b0358575_19385733.jpg




隣にはフレッシャーズな若葉がいて





b0358575_19362435.jpg





そのコラボが




b0358575_19363491.jpg




とても美しかったのです。








b0358575_19384267.jpg




光を浴びてキラキラ輝く若葉

それを後ろで見守る大人もみじ

素敵な関係だね(^-^)






私の会社にも何人か新入社員が入ったようで

時折、元気な声が響いています。


社内が明るくなって気持ちの良いものです。


頑張れ!フレッシャーズ!!

先輩社員が後ろで支えてくれるよッ







この日(藤の百毫寺の帰り)キジを見かけました。





b0358575_20081482.jpg





オスの後ろをついてゆくメスもいて






b0358575_20145405.jpg




仲良く去ってゆきました。







[PR]
by nazucollon | 2018-05-11 20:23 | 兵庫 | Comments(0)

大山崎山荘の紅葉 sanpo


アサヒビールの大山崎山荘美術館。

なんとなくお庭の紅葉が綺麗なイメージがあったので

山崎聖天から天王山へ登った後

少し寄ってみました。


ワンコNGなので旦那が先にチラっと

どこまで行けるか(チケットいらないところ)みてくる~

と入っていったきりなかなか出てこない!!



やっと出てきた旦那を

なずなは大喜びで

私はイライラとして迎えましたが


交代で入ってみて納得。




b0358575_04434837.jpg





見事に真っ赤に染まった紅葉。






b0358575_04435588.jpg







b0358575_04434240.jpg






青空に映える紅葉のトンネル。







素敵な洋館との相性も良く




b0358575_04432770.jpg




b0358575_04431721.jpg







キチンとお手入れされたお庭は





b0358575_04430316.jpg





どこもかもとても美しく






b0358575_04432285.jpg




なずなのことはすこ~し忘れて?

見入ってしまいました。




次回は美術館の中もはいってみたいな。


あっ、なずなはお留守番ね(;_;ゴメンネ






今年の紅葉はとても色付きが良く

初期のグラデーションのころから

秋色オレンジの世界

そして真っ赤なもみじまで

美しい紅葉を楽しませてもらいました。






b0358575_04424649.jpg






また来年も素敵な色に染めて下さいね。




12/3訪問

[PR]
by nazucollon | 2017-12-12 05:14 | 京都 | Comments(0)

山崎聖天~黄葉紅葉~



黄葉




b0358575_01474425.jpg







上にも




b0358575_01510337.jpg





下にも




b0358575_01510961.jpg






降り積もる銀杏。


ふんわりと黄落。





振り返れば



一面の




b0358575_08221006.jpg




くれないいろ。




b0358575_08223693.jpg





紅の葉





b0358575_08221667.jpg




紅葉。






早朝の洗い立てのような空気の中を





b0358575_08262216.jpg



清々しく





b0358575_08262855.jpg




黄葉と紅葉を目に焼き付けて


歩きました。







そして見つけた


黄葉紅葉スポット





b0358575_08363362.jpg





このときゆるやかな風に乗って


たくさんの銀杏が降り注いできて

フレッシュできたてのふわふわ~のカーペットになりました。



誰もいない静寂の中


銀杏の舞う音と

なずなが歩くシャカシャカ音だけが響き




と神秘的でしたが





b0358575_08321917.jpg




ぺロリンって(*^^*)



銀杏食べれた??





b0358575_08323230.jpg







b0358575_09591650.jpg





b0358575_10055594.jpg




またまたなずな写真集になってしまいました。




このあと天王山、270mの低山ですが

なずなも元気よく登りました。




[PR]
by nazucollon | 2017-12-09 10:22 | 京都 | Comments(2)

星のブランコ sanpo


b0358575_02523913.jpg




秋深まる森の中にある大きな吊り橋。




b0358575_02524657.jpg





星のブランコです。


この吊り橋があるのは大阪交野市のほしだ園地。


交野市は七夕伝説発祥の地と言われているようで

そこからこの星のブランコという

かわいらしい名前になったそうです。




大阪、京都から近く

大人も子供もワンコも自然を楽しめるこの公園。

紅葉スポットとしてもかなり取り上げられてるようで

たくさんの人が訪れていました。






b0358575_02522882.jpg





全長280メートル、高さ50メートルの吊り橋。



多くの人が渡るので

ユラユラ~

結構揺れました。





吊り橋を渡ったところで記念撮影。




b0358575_03373987.jpg




(`・∀・´)エッヘン!!



ってなずな、自分で渡っていないよ~





なずなはいつものこのスタイルで渡りました。





b0358575_03374738.jpg






以前来たときは空いていたので

なずなも渡れたのですが、今回はムリでした。






それでも


広い園地は落ち葉もふんだんにあり~





b0358575_03415770.jpg




b0358575_03432529.jpg




b0358575_03413869.jpg




b0358575_03411994.jpg




軽やかに秋の散策を楽しんでいました。






楽しみすぎて??




b0358575_03501992.jpg




こんな顔も( *´艸`)







陽を浴びた紅葉はとても美しく~




b0358575_03515363.jpg





b0358575_03520743.jpg





秋を満喫しながら歩きました。






b0358575_03583947.jpg




b0358575_03524018.jpg





b0358575_03585334.jpg




11/25訪問



[PR]
by nazucollon | 2017-12-06 04:09 | 大阪 | Comments(1)

11月23日に訪れた能勢妙見山


ふもとではまだ赤々とした紅葉や




b0358575_21214292.jpg






グラデーション紅葉が




b0358575_21215894.jpg






見られましたが





お山に登ると





b0358575_21242763.jpg





もうずいぶん散っていました。






そんな能勢妙見山で

かる~くハイキングをしたあとに






b0358575_01421035.jpg





こんな景色を眺めながらのランチにいただいたのは







b0358575_21213257.jpg




ホカホカおにぎりとお味噌汁。


身体も心もほっこり温まります。









そして我が家の落ち葉大好き少女は





b0358575_02045868.jpg







シャカシャカ落ち葉を堪能し満足したようで~








b0358575_21245091.jpg




b0358575_21224198.jpg




ばっちりとカメラ目線をくれました。








毎年やってます、もみじの髪飾り。




b0358575_21234418.jpg




今年は上出来!!ねっ(^^)v








b0358575_21244128.jpg




b0358575_21225174.jpg





ということで~



妙見山の紅葉は終わっていたので


なずな写真集となりました(*^_^*)






b0358575_21250920.jpg




秋色に染まる山々の眺めは見事でしたよ~




右下にある”当”はね、

かわらけ投げの的です。






[PR]
by nazucollon | 2017-12-05 02:08 | 大阪 | Comments(0)

カメラ片手に    ぶらりと過ごす休暇


by nazucollon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31